仮想環境でRailsの開発環境を構築する

こんにちは。エンジニアの南です。

今回は「Vagrant × VirtualBoxで仮想開発環境を構築する」の後編として、前回立ち上げた仮想環境でのRailsの開発環境構築と自分好みの設定について紹介したいと思います。

エディターをvimにする

Railsの環境構築の前に自分の好みのエディターとシェルに設定しておきます。

まずはエディター。デフォルトではviしか使えないのでvimをインストールします。

vagrant@localhost$ yum search vim
vagrant@localhost$ sudo yum -y install vim-enhanced.x86_64

 

デフォルトシェルとzshにする

デフォルトはbashですが自分はzshが好きなので変更します。

vagrant@localhost$ sudo yum -y install zsh
vagrant@localhost$ chsh -s /bin/zsh

rbenvでRubyをインストールする

まずはrbenvのインストールです。先にrbenvでRubyをインストールする時に必要なライブラリとgitをインストールします。

sudo yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel git

git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

zshrcに設定追加

vagrant@localhost$ echo ‘export PATH=”$HOME/.rbenv/bin:$PATH”‘ >> ~/.zshrc

vagrant@localhost$ echo ‘eval “$(rbenv init -)”‘ >> ~/.zshrc

vagrant@localhost$ source ~/.zshrc

ruby-buildのインストール

vagrant@localhost$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

vagrant@localhost$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build

vagrant@localhost$ sudo ./install.sh

Rubyのインストール

vagrant@localhost$ rbenv install -l

vagrant@localhost$ rbenv install 2.4.2

vagrant@localhost$ rbenv global 2.4.2

vagrant@localhost$ rbenv versions

rbenv global バージョンとすると ~/.rbenv/versionが作られグローバル(デフォルト)で適用されるRubyのバージョンが記述されます。

任意のプロジェクト(アプリのルートディレクトリ)内でrbenv local バージョンとするとカレントディレクトリにRubyのバージョンを指定した.ruby-versionが作成され、そのディレクトリでは指定したRubyのバージョンが有効になります。

Railsをローカルで動かす

最後にRailsアプリをローカルで起動します。

vagrant@localhost$ gem install bundler

vagrant@localhost$ mkdir /vagrant/projects

vagrant@localhost$ cd /vagrant/projects

vagrant@localhost$ git clone your-app

vagrant@localhost$ cd your-app

vagrant@localhost$ bundle install –path vendor/bundle

vagrant@localhost$ bundle exec rails s -b 0.0.0.0

ブラウザでlocalhost:3000にアクセスすればアプリが立ち上がっているはずです。

まとめ

以上で仮想環境のRails環境構築は終了です。

気軽に環境を再構築したり他のエンジニアと設定を揃えられる仮想環境は、日々の開発で大きな助けとなると思いますので、ぜひ取り入れてみてください!